2012年2月 5日 (日)

伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 のこと

かな恵ちゃん“さいしょのさいしょ”なライブツアーに参加した感想というかレポート

セットリストはこちらをみてもらうこととして。

会場は、神奈川芸術劇場。会場のレイアウトが、東京ドームシティホールに似ている形なので、今回三階席最後方からの参加だったのだが、高さはあるもののステージは、そんなに遠くには感じなかった。


来ているみなさんのツアーTシャツを来ている率がすごく高いように感じた。初めてのライブだし、忠誠心の高い人達が集まって来ているのだろうという印象。
でも残念だったのは、かな恵ちゃんがあれだけ、サイリウムの色は「虹色」「レインボー」と言っているのにもかかわらず、ほとんどの人が緑のみ。複数の色を降っている人は、1~2割だったかも。


ライブは、約15分押しでスタート。
ステージ上には、今までのイベントで使用されていたようなソファやカーペットが置いてあり、伊藤家という設定。
まずはMCからの開始。伊藤家へようこそ、そして、緊張するという言葉。

予想はしていたけど、ものすごく緊張している様子のかな恵ちゃん。
1曲目のユメ・ミル・ココロは、まさに緊張した声で歌っていた。

今日の衣装は、白のカーディガン?、白いロングスカート、インナーは薄いピンク、ゆるふわな清楚なイメージの衣装。
4曲目以降では、羽織っていたカーディガンを脱いで歌っていました。


4曲目のhide and seekを始め、これ以降の曲で、何回か歌詞を間違えたり飛んでしまったりしていたので、ものすごく緊張していた様子。
歌詞を間違えた曲を歌い終わるたびに、悔しそうにする仕草は可愛くもあり。
かな恵ちゃんの実は負けず嫌いな部分もあるところをよく表していた。

そして、6曲目。
「みなさんは恋してますか?」
というセリフから、ピアノのみで演奏が始まった いじわるな恋。
ソファにちょんと座りながら、何かを想いながら歌う姿は、個人的にこの日一番のかな恵ちゃんでした。

この曲が始まると同時に、会場中が一斉に座りだしたのは、みなさん素晴らしいなと(もしくはよく訓練されているなと)。全体の流れとしても、このあとしっとりとして曲が続くので、いい流れでした。

やっぱりかな恵ちゃんの歌声は、スローな曲でこそよさがでるなと思える「いじわるな恋」「サボテン」「メタメリズム」でした。


メタメリズムの後奏で、深々と一礼をして、かな恵ちゃんは退場。
バンドによるインスト演奏へ。

途中、バンドメンバーを紹介するMCがあったのですが、今回のバンドメンバーは全員男性。メンバーを父、母、おじいちゃん、親戚のお兄さんと紹介。この時印象的だったのが、かな恵ちゃんとメンバーがすごくいい関係を築けていること。とても仲良しそうなこと。
このメンバーを集めた方は、相当気を使って、ライトスタッフを揃えたんだなと。


―インスト演奏の後、衣装を変えたかな恵ちゃんが登場。
まずは、ポンチョのような雨合羽のような白いコートを着て登場。1曲終わった時点でそれはすぐに脱いでしまって、中には、赤のチェックに、紺色のミニスカート、赤いショートブーツ。先ほどのものよりアクティブな印象の衣装に。

ここからはアップテンポな曲が続き、最後は「タイニーローグ」「つまさきだち」で、大いに盛り上がり。
本編終了。


アンコールの後

先ほどの衣装から、上をツアーTシャツ(黒)に着替えて登場。
アンコールありがとうの挨拶から、「セツナラブレター」

でしたが、この曲も途中で歌詞を間違え、まさかの演奏を途中で自ら中断させるというハプニング。
かな恵ちゃんは、一度袖にはけて、仕切り直し。
二度目は、完璧に歌えましたが、こんなコトは初めてだったし、ここにもかな恵ちゃんらしさが、見えました。


ラストは「さいしょのさいしょ」で、大いに盛り上がり終了。

最後の挨拶で
今日ここにいるみなさんは、伊藤家一員、家族です。今日、たまたま隣になった人とも家族です。なので、最後はみんなで手を繋いで挨拶しましょう。
という言葉がすごく印象深かった。かな恵ちゃんが言いたいことが、込められていたし。ステージ上でもかな恵ちゃんがバンドメンバーと手を繋ぐ姿に、絆を感じた。
とても、いい締め方でした。


ツアー初日は、本人も何度も言っているように、すごく緊張やプレッシャーの感じるステージだったと思う。
何度も歌詞を間違えたり、MC中も、あえて甘えたような声をだしてみたり、終始笑っていたりして。
2週間前には不安しかなかったという状況から、このステージが無事に終わったのは、バンドメンバーを始め、みなさんに支えられてのことだったんだろうなと、改めて感じた。
相変わらずかな恵ちゃんの発言からは、ネガティブ要素が含まれていることが多かったけれども、それが次の大阪、東京と進むにつれてどう変化してくのかを見守るのが楽しみになってきた。そんなステージでした。


2012年2月 4日 (土)

伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 セットリスト のこと

かな恵ちゃんつあー初日である横浜公演に行ってきた。

取り急ぎセトリを記載。

ーーーーーーーーーーーー

オープニング MC

1.ユメ•ミル•ココロ
2.誘惑マーマレード
3.君がいれば

MC

4.hide and seek
5.スタンプ
6.いじわるな恋(ピアノソロ演奏ver)

MC

7.サボテン(ギターで演奏参加)

MC

8.メタメリズム

バンド インスト演奏(衣装替)

9.ペルシャ

MC

10.星の缶バッジ
11.ラリルララ
12.タイニーローグ
13.つまさきだち

アンコール MC

14.セツナラブレター
15.さいしょのさいしょ

2010年6月 2日 (水)

生徒会役員共 先行上映会 のこと

20100529105141

先日、東京 すみだリバーサイドホールで行われた、7月から放送開始の新アニメ「生徒会役員共」の先行上映会に行ってきましたー。

軽い気持ちで応募したのだけど、司会の方の話だと結構な倍率だったようで、ラッキーにも当選した模様。原作ファンの方には、申し訳ないけど、「生徒会役員共」自体は知らず、目的は、日笠陽子さんと、佐藤聡美さんに会いたかったからでした(笑

早速上映開始

原作が4コマだってことすら知らなかったので、エピソードが細かく分かれている進行にまず戸惑った。ただ見ているうちに4コマ原作だってことがわかったので、そういう見方をすれば問題なし。4コマらしい区切りをいれて、テンポを作っているという感じだった。

制作会社がプリンセスラバー!の「GoHands」なので、キャラデザや瞳の描き方、目の光ぼかしなどは、プリラバそのもの。1話は、クオリティ高かったが、話数が進ごとに崩れないかが心配だなー。

メインの女の子三人は、日笠さん、佐藤さん、矢作紗友里さんが演じている、

まず日笠さん演じる 天草シノ
もしかしたらそういう演技指導なのかもしれないし、あえてやっているのかもしれないが、演じてはいるのだけど、読んでいる感じ。ストレートに声をだしているイメージで、なんかどっかで聞いたことあるキャラで、個人的にはもうひとヒネリして欲しかったなぁ。ただ、上映後の日笠さんのお話によると1話のシノが一番堅いらしいので、2話以降がどうなるのかに期待。

七条アリア役は、佐藤聡美さん。
おっとりお嬢様、お姉さん風キャラなので、「迷い猫オーバーラン」の乙女姉さんに「キルミンずぅ」のリムをスパイスした感じの演技。佐藤さん独特のイントネーションである語尾が少し上がるの好きなのだけど、アリアはそういう口調をしてくれるので嬉しかった。

そして矢作さん演じる、萩村スズ
矢作さんのハリのある声のイメージ通りの高飛車キャラで、絶叫は聞いていて気持ちがいい。あそこまで鼻にかかった感じではないけど「夢色パティシエール」の美夜に近いかも。

とこの三人を中心に、シモネタ満載、かなり下な内容の時もある展開で、ネタもベタなもの多いからだめな人はだめかもしれない。事実僕も面食らった。

それをうまくまとめているのが、主人公兼ツッコミ役の津田タカトシ。演じる浅沼晋太郎さんのツッコミぷりがよく。演技もツッコミのタイミングも普段しゃべっている時の感じで、なんだか絶妙。浅沼さんのツッコミで第1話だかなり救われていると言っても言い過ぎではないくらい。

第1話は、自己紹介回なので、これだけではなんとも判断できない部分もあるけど、間とテンポがいい部分とそうでない部分があったので、2話から良くなればいいなと、それと音楽・効果音がイマイチぴんとこなかったので、本放送の時にどうなっているのかも気にしてみたいとポイント。

7月から見るアニメには、入っているけど、このアニメと見るときの心得としては、エロではなく下ネタが盛りだくさんの作品ということ念頭に置いておかないと楽しく見れない作品でしょう。

2010年5月31日 (月)

豊崎愛生 握手会 のこと

豊崎愛生ちゃんを、あんなに間近に見たのは初めてだった。
というか握手会に参加するのが初めてだった。

今回は抽選だったということで、この間の戸松遥さんの時は先着順だったから、僕がその情報を知ったときには、すでに締め切られていて悔しい想いをしたので、抽選の方が平等感があっていい。今回はたまたま当選したけど、もし落選してても納得がいく。

僕はアニメイトでの握手会に参加したのだけど、女性が多かった。アニメイトだからかな?

緑のミュールに、白生地で小さな花柄が入った半袖ワンピースを着ていた愛生ちゃんは、意外と背が高かった。

先着順で並んだ僕は、結構最初のほうだった。愛生ちゃんの手は、小さく綺麗というよりかわかわいい感じ。ネイルをことで声をかけたら、

「今日はチョウがついているの」

と答えてくれた。
後で気がついたのだけど「ぼくを探して」のPVでチョウがたくさん出てきていたから、それと絡めたんだね…どうしてその場で気がつかなかったんだろう。やや後悔。

でも貴重な直接、声をかけられる機会を与えてくれたみなさま。愛生ちゃんに感謝。

2010年5月21日 (金)

ゆとりちゃん(つめこみちゃん) のこと

メールと連動する新感覚アニメ ゆとりちゃん
アニメとリアルなツールであるメールと連動が、現実との境目を薄くしたり、ギャルゲーがリアルに飛び込んできている感覚で、どんどんハマっていたゆとりちゃん

それにはまだまだ続きがあった

メインキャラは、ゆとりちゃん、つめこみちゃん、だんかいさんと3人いるのだけど、3人ともと仲良くできるだった

1日1話づつ追加されていき全25話を見終わると、次につめこみちゃんと仲良くなりませんか?と誘いのメールが…もちろんOK!という感じで、現在だんかいさんと仲良くなってきている最中なんだけど、

まずはつめこみちゃんのことから、真面目で大人しい性格のつめこみちゃんは、ゆとりちゃんに比べてつかみやすい性格だから、このキーワードを押さえておけばメール返信くるなというのが読めたので、返信メールが来る頻度も高かったような気がするし、一番効率良く好感度を上げられたかな。

そしてもうひとつ、メール以外にも電話番号を教えてもらえるようになるんですよ。これがまた普段使っている電話から彼女たちの声が聞こえてくるとまたぐっと親近感が湧く。この電話からのメッセージは、朝昼晩で内容が違い、日によっても数パターンがあるので、結構楽しめる。ちなみに留守電になるときがあってその時はメッセージを残せるのだけど、だれかメッセージ吹き込んだことあるのかな??

今はだんかいさんが折り返し地点なので、どう好感度あげていこうかな…リラっとらは必須だよね~

2010年5月15日 (土)

宇宙ショーへようこそ 試写会 のこと

宇宙ショーへようこその公式サイトで、試写会招待応募をしていたから、軽い気持ちでポチったら当たってしまったので、行ってきました。

とは言っても、興味のあった作品だし、舛成監督のかみちゅ以来の作品だったので楽しみでした。

ただ、不安要素も幾つかあり、まずはキャストが主要メンバの子どもたちが、実年齢が子どもたちが演技ていることと、内容も子ども向け過ぎてしまうのではないのかという点。

キャストだが、主人公 小山夏紀役の黒沢ともよさんの声を聞いて、最初の不安はなくなった。発声とかは、まだまだだし、声を張ると低く出てしまうところもあったけど、演技はうまい。ちょっとすごいと思った。他の子たちも、上手だったけど、黒沢さんだけ飛抜けていたので、他の子はいまいちに聞こえるくらい。このまま、声優を続けていけば、すごくいい役者になりそう。

そして、もう一つの不安要素であった内容は、子供なり大人なりに楽しめる部分があるストーリー。倉田英之脚本なので、話の盛り上げかたや泣き所などうまくツボをついている。特にラストのまとめ方や、最後の最後のシーンはすごく好き。

制作がA-1ピクチャーズなので、作画は完璧に近い。冒頭、夏紀たちが住んでいる田舎街での背景が手描き感あふれるものだったのに対し、宇宙へ行ったあとはCGでのシャープな背景になっている動と静の対比みたいなものが面白かった。モブの人たちもよく動いていたし。この絵だけでも見る価値ありかもしれない。

ただ気になる点は、上映時間が2時間ちょいあるので、やや長く感じた中だるみになってしまう部分もあり、コンパクトにまとめてもいいのではないかな。それと、4年の歳月をかけたとあって、世界観がかなりしっかりしているだけに、いろいろ主張したいことが表立ってしまっていて、本当に伝えたい事が少しボケてしまっていたところが残念。

個人的には映画は娯楽だと考えているので、ストーリーや構成はシンプルでよかったのかなと感じた。子供も見ることを想定しているのならなおのこと。

でも僕としては十分楽しめたし、いい作品だからこそ、もっといい作品になって欲しいかったということ。

雪野五月さん、斎藤千和さん、MAKOさんなど舛成監督にゆかりのある声優さんが、出ているので、その方たちを探すのも楽しみのひとつかも。

2010年5月 3日 (月)

うたごえ のこと

僕は、正直、教会音楽も声楽のこともあまりよくわからない。

ずいぶん昔に、パイプオルガンや独唱を聞いたことがあったけどあまり覚えていない。

でも、彩陽さんの歌声を生で聞いて、歌声ってすごいことしり、こうして彩陽さんが興味をもつ教会音楽や合唱も気になってきた…

いつか彩陽さんがソロでライブなんかやるときは、声楽の経験を活かした曲を聞かせて欲しいものですw

デュラララ#16 相思相愛 のこと(ネタバレ)

贄川春菜が現れ、罪歌の正体がついに明らかになった。この回は、全体の中でもかなり重要な回に。これを見た後に、もう一度1話から見直したくなったもの。

贄川春菜役の中原麻衣さん。こういう狂気的な役はさすがだなー。あのちょっと高い声がまた狂気な雰囲気を醸し出している。素晴らしい。

贄川春菜が、罪歌だろうと思っていたけど、実はちがった。ただ罪歌が襲った者が新たな罪歌になるようで、母と言っていたのはもと罪歌のことだったのか。罪歌同士での意志の疎通ができるよう。

そして春菜が罪歌のオリジナルではなく「子」だった。真の罪歌は、杏里。答えを知ってしまえばそうかと納得できる。罪歌に狙われた理由も、贄川周二に狙われた理由も。もう一度見直せば、杏里が罪歌だというヒントが散りばめられているのだろう。

回想シーンから推測するに、5年前の事件は強姦に襲われたのではなく、杏里は犯人を見ていないのではなく、両親を殺したのは、杏里の母。そして罪歌。

母がどこかで手に入れた罪歌に乗っ取られ、父を杏里を殺そうとした。父は殺され、杏里を殺す前に、母が自ら命を絶ったのではないだろうか。そこに残された杏里は、罪歌を取り込む。そして寄生して生きることにしたのだろう。

彼女は、人を愛せなくなった自分の代わりに、人間を愛してくれる罪歌に依存していると言った。ただあれだけ狂気的に人を愛する罪歌を押さえ込んでしまう杏里の心の傷の深さはかなりのものなんだろうな…逆に罪歌のおかげで、帝人や正臣とも仲良くできたのではないだろうか。もし杏里の中に罪歌がなければ、きっと誰とも愛するどころか、なにもかも拒絶しつづけたのだろう。

だから杏里の中での折り合いという意味で、寄生という形をとったのではないだろうか。
なんか、歪んだ愛の物語というより、すごく悲しい。杏里には、笑顔になってもらいたいな。

残る謎は、贄川春菜がいつどこで罪歌になったのかとうこと。罪歌が覚醒するのに時間がかかったと言っていた、血を少しずつあげて育てたと。ということは5年以上前に誰かに切られたのかも。うーん、ここも明らかになってくれるといいけど。

なんにしてもターニングポイント回だな今回は。ていうかいろいろなことが詰まっていて、処理しきれないよ…

▽今日のあやひー
冒頭で出てきただけだけど、狩沢らしい腐女子なセリフwこの想像力、妄想力は、ボーイズでラブっていることが好きな人でないと出てこないセリフだよ。ちなみにここでセルティでさえもツッコミをしているのもポイント

2010年4月29日 (木)

アメブロかっ

あやひーを含む、スフィアのメンバのブログがお引越し。

プレイログからアメブロへ。プレイログはアーティストの方が多く。音楽とつながっている感じがしたので好きだったのだけど。

心機一転。ってことで。大人の事情もあるのだろうけど、なによりアメブロは日本一のブログサイトだし、プロモーションもし易いのだろうし、集客力もあるから、広くスフィアが認知される機会になればいいのではないかな。そして、あなによりあやひーたちがより更新しやすい環境であるならそれが一番いいことでしょう。

アメブロはケータイからも更新しやすそうなイメージだし。たくさん記事が上がってくれればそれがぼくは嬉しいです。


プレイログのアカウント持っているのだけど…ぼくも…一緒にアメブロに引っ越そうかな。
なんかその方がいろいろ繋がれそうだし。

2010年4月24日 (土)

デュラララ#15 愚者一得 のこと(ネタバレ)

半年前に平和島幽平の取材をして静雄に飛ばされた贄川周二。前回話しにでてきた贄川先輩の父。贄川周二の取材を通して、静雄のすごさを改めて確認できた。ちょっと復習できたかな。

それにしても贄川周二の中の人 小山力也さん。やっぱりいい声してる。すごい演技力だよな、この人やっぱりすごいよ。臨也と話しをしている時の咳き込むシーンとかセルティの会話シーン、普通の会話だからこそ魂が吹き込まれているすごさ。

そして、切り裂き魔の正体が徐々にわかってきたような。誰かに背中を刺された贄川周二が切り裂き魔になってしまったけど、刺された人が切り裂き魔になるってことなのかな?

ということは妖刀罪歌は、刺した人を切り裂き魔にさせるものかもしれない。贄川周二が持っていたあの短剣が妖刀なのか。まだまだ不確定だな…。

もうひとつの謎。杏里が切り裂き魔に狙われる理由。セクハラ教師こと那須島に気に入られる理由。
両親が切り裂き魔に襲われたという関連。
那須島に気に入られ転向してしまった贄川先輩という関連。

贄川周二が赤い目になったときも杏里を狙っていた。那須島も巨乳だからだけで杏里に近寄ったのとは違う気がする。杏里になにがあるんだろう…。

周二を刺した切り裂き魔は、娘の贄川春菜のようだし。罪歌は母という言葉を出していたので、贄川母が元凶なのか!?

ほんと謎だらけ、まずは杏里やセルティ、静雄たちの前に現れた不死身とも思える切り裂き魔化した周二にどう立ち向かうのだろう…

▽今日のあやひー
ワゴン組大活躍だった今回。相変わらずのオタク発言だったw 狩沢の口がかわいいかった。周二をワゴンでひいたあとの「死んだ?」発言、意外と冷静?というか淡白なのかな。

Aパート最初の方で髪を引っ張り合ってケンカをしている女子、臨也の部屋で流れていたTVの中のお姉さんは、あやひーだと思うけどどうだろう??

«高垣彩陽のひとりごと 4月2回目 のこと