« 伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 セットリスト のこと | トップページ

2012年2月 5日 (日)

伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 のこと

かな恵ちゃん“さいしょのさいしょ”なライブツアーに参加した感想というかレポート

セットリストはこちらをみてもらうこととして。

会場は、神奈川芸術劇場。会場のレイアウトが、東京ドームシティホールに似ている形なので、今回三階席最後方からの参加だったのだが、高さはあるもののステージは、そんなに遠くには感じなかった。


来ているみなさんのツアーTシャツを来ている率がすごく高いように感じた。初めてのライブだし、忠誠心の高い人達が集まって来ているのだろうという印象。
でも残念だったのは、かな恵ちゃんがあれだけ、サイリウムの色は「虹色」「レインボー」と言っているのにもかかわらず、ほとんどの人が緑のみ。複数の色を降っている人は、1~2割だったかも。


ライブは、約15分押しでスタート。
ステージ上には、今までのイベントで使用されていたようなソファやカーペットが置いてあり、伊藤家という設定。
まずはMCからの開始。伊藤家へようこそ、そして、緊張するという言葉。

予想はしていたけど、ものすごく緊張している様子のかな恵ちゃん。
1曲目のユメ・ミル・ココロは、まさに緊張した声で歌っていた。

今日の衣装は、白のカーディガン?、白いロングスカート、インナーは薄いピンク、ゆるふわな清楚なイメージの衣装。
4曲目以降では、羽織っていたカーディガンを脱いで歌っていました。


4曲目のhide and seekを始め、これ以降の曲で、何回か歌詞を間違えたり飛んでしまったりしていたので、ものすごく緊張していた様子。
歌詞を間違えた曲を歌い終わるたびに、悔しそうにする仕草は可愛くもあり。
かな恵ちゃんの実は負けず嫌いな部分もあるところをよく表していた。

そして、6曲目。
「みなさんは恋してますか?」
というセリフから、ピアノのみで演奏が始まった いじわるな恋。
ソファにちょんと座りながら、何かを想いながら歌う姿は、個人的にこの日一番のかな恵ちゃんでした。

この曲が始まると同時に、会場中が一斉に座りだしたのは、みなさん素晴らしいなと(もしくはよく訓練されているなと)。全体の流れとしても、このあとしっとりとして曲が続くので、いい流れでした。

やっぱりかな恵ちゃんの歌声は、スローな曲でこそよさがでるなと思える「いじわるな恋」「サボテン」「メタメリズム」でした。


メタメリズムの後奏で、深々と一礼をして、かな恵ちゃんは退場。
バンドによるインスト演奏へ。

途中、バンドメンバーを紹介するMCがあったのですが、今回のバンドメンバーは全員男性。メンバーを父、母、おじいちゃん、親戚のお兄さんと紹介。この時印象的だったのが、かな恵ちゃんとメンバーがすごくいい関係を築けていること。とても仲良しそうなこと。
このメンバーを集めた方は、相当気を使って、ライトスタッフを揃えたんだなと。


―インスト演奏の後、衣装を変えたかな恵ちゃんが登場。
まずは、ポンチョのような雨合羽のような白いコートを着て登場。1曲終わった時点でそれはすぐに脱いでしまって、中には、赤のチェックに、紺色のミニスカート、赤いショートブーツ。先ほどのものよりアクティブな印象の衣装に。

ここからはアップテンポな曲が続き、最後は「タイニーローグ」「つまさきだち」で、大いに盛り上がり。
本編終了。


アンコールの後

先ほどの衣装から、上をツアーTシャツ(黒)に着替えて登場。
アンコールありがとうの挨拶から、「セツナラブレター」

でしたが、この曲も途中で歌詞を間違え、まさかの演奏を途中で自ら中断させるというハプニング。
かな恵ちゃんは、一度袖にはけて、仕切り直し。
二度目は、完璧に歌えましたが、こんなコトは初めてだったし、ここにもかな恵ちゃんらしさが、見えました。


ラストは「さいしょのさいしょ」で、大いに盛り上がり終了。

最後の挨拶で
今日ここにいるみなさんは、伊藤家一員、家族です。今日、たまたま隣になった人とも家族です。なので、最後はみんなで手を繋いで挨拶しましょう。
という言葉がすごく印象深かった。かな恵ちゃんが言いたいことが、込められていたし。ステージ上でもかな恵ちゃんがバンドメンバーと手を繋ぐ姿に、絆を感じた。
とても、いい締め方でした。


ツアー初日は、本人も何度も言っているように、すごく緊張やプレッシャーの感じるステージだったと思う。
何度も歌詞を間違えたり、MC中も、あえて甘えたような声をだしてみたり、終始笑っていたりして。
2週間前には不安しかなかったという状況から、このステージが無事に終わったのは、バンドメンバーを始め、みなさんに支えられてのことだったんだろうなと、改めて感じた。
相変わらずかな恵ちゃんの発言からは、ネガティブ要素が含まれていることが多かったけれども、それが次の大阪、東京と進むにつれてどう変化してくのかを見守るのが楽しみになってきた。そんなステージでした。


« 伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 セットリスト のこと | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 のこと:

« 伊藤かな恵 ライブツアー ココロケシキ 横浜公演 セットリスト のこと | トップページ