高垣彩陽

2010年5月 3日 (月)

デュラララ#16 相思相愛 のこと(ネタバレ)

贄川春菜が現れ、罪歌の正体がついに明らかになった。この回は、全体の中でもかなり重要な回に。これを見た後に、もう一度1話から見直したくなったもの。

贄川春菜役の中原麻衣さん。こういう狂気的な役はさすがだなー。あのちょっと高い声がまた狂気な雰囲気を醸し出している。素晴らしい。

贄川春菜が、罪歌だろうと思っていたけど、実はちがった。ただ罪歌が襲った者が新たな罪歌になるようで、母と言っていたのはもと罪歌のことだったのか。罪歌同士での意志の疎通ができるよう。

そして春菜が罪歌のオリジナルではなく「子」だった。真の罪歌は、杏里。答えを知ってしまえばそうかと納得できる。罪歌に狙われた理由も、贄川周二に狙われた理由も。もう一度見直せば、杏里が罪歌だというヒントが散りばめられているのだろう。

回想シーンから推測するに、5年前の事件は強姦に襲われたのではなく、杏里は犯人を見ていないのではなく、両親を殺したのは、杏里の母。そして罪歌。

母がどこかで手に入れた罪歌に乗っ取られ、父を杏里を殺そうとした。父は殺され、杏里を殺す前に、母が自ら命を絶ったのではないだろうか。そこに残された杏里は、罪歌を取り込む。そして寄生して生きることにしたのだろう。

彼女は、人を愛せなくなった自分の代わりに、人間を愛してくれる罪歌に依存していると言った。ただあれだけ狂気的に人を愛する罪歌を押さえ込んでしまう杏里の心の傷の深さはかなりのものなんだろうな…逆に罪歌のおかげで、帝人や正臣とも仲良くできたのではないだろうか。もし杏里の中に罪歌がなければ、きっと誰とも愛するどころか、なにもかも拒絶しつづけたのだろう。

だから杏里の中での折り合いという意味で、寄生という形をとったのではないだろうか。
なんか、歪んだ愛の物語というより、すごく悲しい。杏里には、笑顔になってもらいたいな。

残る謎は、贄川春菜がいつどこで罪歌になったのかとうこと。罪歌が覚醒するのに時間がかかったと言っていた、血を少しずつあげて育てたと。ということは5年以上前に誰かに切られたのかも。うーん、ここも明らかになってくれるといいけど。

なんにしてもターニングポイント回だな今回は。ていうかいろいろなことが詰まっていて、処理しきれないよ…

▽今日のあやひー
冒頭で出てきただけだけど、狩沢らしい腐女子なセリフwこの想像力、妄想力は、ボーイズでラブっていることが好きな人でないと出てこないセリフだよ。ちなみにここでセルティでさえもツッコミをしているのもポイント

2010年4月29日 (木)

アメブロかっ

あやひーを含む、スフィアのメンバのブログがお引越し。

プレイログからアメブロへ。プレイログはアーティストの方が多く。音楽とつながっている感じがしたので好きだったのだけど。

心機一転。ってことで。大人の事情もあるのだろうけど、なによりアメブロは日本一のブログサイトだし、プロモーションもし易いのだろうし、集客力もあるから、広くスフィアが認知される機会になればいいのではないかな。そして、あなによりあやひーたちがより更新しやすい環境であるならそれが一番いいことでしょう。

アメブロはケータイからも更新しやすそうなイメージだし。たくさん記事が上がってくれればそれがぼくは嬉しいです。


プレイログのアカウント持っているのだけど…ぼくも…一緒にアメブロに引っ越そうかな。
なんかその方がいろいろ繋がれそうだし。

2010年4月24日 (土)

デュラララ#15 愚者一得 のこと(ネタバレ)

半年前に平和島幽平の取材をして静雄に飛ばされた贄川周二。前回話しにでてきた贄川先輩の父。贄川周二の取材を通して、静雄のすごさを改めて確認できた。ちょっと復習できたかな。

それにしても贄川周二の中の人 小山力也さん。やっぱりいい声してる。すごい演技力だよな、この人やっぱりすごいよ。臨也と話しをしている時の咳き込むシーンとかセルティの会話シーン、普通の会話だからこそ魂が吹き込まれているすごさ。

そして、切り裂き魔の正体が徐々にわかってきたような。誰かに背中を刺された贄川周二が切り裂き魔になってしまったけど、刺された人が切り裂き魔になるってことなのかな?

ということは妖刀罪歌は、刺した人を切り裂き魔にさせるものかもしれない。贄川周二が持っていたあの短剣が妖刀なのか。まだまだ不確定だな…。

もうひとつの謎。杏里が切り裂き魔に狙われる理由。セクハラ教師こと那須島に気に入られる理由。
両親が切り裂き魔に襲われたという関連。
那須島に気に入られ転向してしまった贄川先輩という関連。

贄川周二が赤い目になったときも杏里を狙っていた。那須島も巨乳だからだけで杏里に近寄ったのとは違う気がする。杏里になにがあるんだろう…。

周二を刺した切り裂き魔は、娘の贄川春菜のようだし。罪歌は母という言葉を出していたので、贄川母が元凶なのか!?

ほんと謎だらけ、まずは杏里やセルティ、静雄たちの前に現れた不死身とも思える切り裂き魔化した周二にどう立ち向かうのだろう…

▽今日のあやひー
ワゴン組大活躍だった今回。相変わらずのオタク発言だったw 狩沢の口がかわいいかった。周二をワゴンでひいたあとの「死んだ?」発言、意外と冷静?というか淡白なのかな。

Aパート最初の方で髪を引っ張り合ってケンカをしている女子、臨也の部屋で流れていたTVの中のお姉さんは、あやひーだと思うけどどうだろう??

高垣彩陽のひとりごと 4月2回目 のこと

まずバックに聞こえていた空気清浄機なのかエアコンなのかの音がなくなっていた。もう花粉が終わったのかなよかったよかった。

忘れ物の話。携帯を忘れたあやひー。あれだけストラップがついているのに忘れるときは忘れるんだ…wある意味スゴい。

でも携帯忘れるとそわそわするもんね。手元が寂しいというか。ないはないで周りが見えてなかったということに気がついたというかたまにはこういう日があってもいいと思える前向きさがいいな。なんか安心。

前回のひとりごとがテンション高かったせいなのか、春だからぼーっとしているせいなのかも知れないけど、ちょっと声に緊張感があるような控えめな声だったけど何かあったのかな…気のせいならいいのだけど。

2010年4月18日 (日)

リングスライブツアー前日 のこと

いよいよ明日だよ、明日。
あやひーのブログからも、ドキドキ感が伝わってきて、こっちまで緊張してきた。すでに装備(サイリウム)も完備したし、早く明日になれっ。

前回の神奈川県民ホールのあとこの日が来るのを待ちわびていましたよ。

ちなみに、4月18日はもうひとつの楽しみだったイベント WHITE ALBUMコンサートがあったのですが、あーやがでないということで、悩みに悩んだ末、スフィアのライブに参加することに決定。
たかもっちぃごめん。でも、はるちゃんも出演しているのに、日程を重ねるのがイケないよ…。

とにかく明日ははしゃぐぞー。

say you young のこと

ひさびさに深夜ラジオなんて聞いた。
1時から3時までの2時間のラジオなんて、聞いいている途中できっと眠くなるんだろうなと、軽い気持ちで聞いたのにあっという間の2時間。スフィアパワー恐るべし、さらにこのラジオは動画付き。ラジオしてる彼女たちを動画でも配信。これはラジオなのか…。

でも他のラジオでも、マイクにたまにノイズが入ったりするあやひーなので、きっとよく動いているのだろうなと予想をしていたけど、やっぱり動いていた。そしてよく笑っていたな。

スフィアのチームワークのよさもよく判ったし、すごく幸せな2時間だった。

また機会があれば生放送動画付きやって欲しいな。

2010年4月12日 (月)

デュラララ#13 急転直下 のこと(ネタバレ)

1週空いて、オープニングが新しくなっていた、そして見たことのないキャラが3、4人くらい登場していたかな。本編にも新羅の父親と白バイの葛原金之助。まだ本編に登場していない三ケ島沙樹、平和島幽。

そして本編。前回より半年の時間が経過している池袋で、前半では、メインのようなサブのような存在だった紀田正臣と園原杏里が話の中心に入ってきそうな展開だった。ナレーションでなにも起きない、なにも変わらないという言葉がラストで起きる急転直下な展開への布石。きっと起承転結の「転」にあたる部分なのだろうから、ここから数話のひっくり返し的な部分を目をみはってみていかないと、ついていけないのかも。

今回は、新キャラ2人の登場と正臣と杏里のこれからの展開を予感させるものを引き出すだけだったので比較的ゆっくりコトが進んでいたので、ゆっくり見れたけど。

白バイの葛原なんかは、池袋以外からやってきたのだしぽっと出のキャラのように見えるけど、この作品でなんとなく出てくる人間なんていないので、なんらかの形で別キャラとの関連があるのだろうけど、どうなんだろう。注目。

そして新羅の父。森厳(しんげん)。マッドサイエンティスト的だけど、いいキャラしているなぁ。でもセルティは、昔に森厳に切られたりしてたのに、ちょっかいとかいうのはさすが、というよりセルティの性格が後半になって人間らしくというかだいぶおちゃめになってきているのが、かわいい。これもギャップ萌えなのか!?

▽今日のあやひー
相変わらずオタク的発言の多い絵理華。ゆまっちとの会話は自然すぎるくらいのいい演技だった。メイトでポスターもらえるくらいポイント貯めている二人。そして乃木坂春香ネタ。ワゴン組が登場するシーンででていたアニメイトの看板がソラノヲトになっていたのもアニプレックス的小ネタだったね。

2010年4月10日 (土)

高垣彩陽のひとりごと 4月1回目 のこと

自宅で毎回収録している、ひとりごとだけど、あやひーは他メンバーよりも声張っているし、テンションも高い状態でおしゃべりしているのは、エライというかプロ意識だな。

そして、ツアーの話。体力づくりの一貫として駅とかで階段を積極的に使ってるとのこと。僕もだいたい階段を使うようにしている。だいたいが急いでいたりするので、そういう時は階段。なんだかんだいって体力づくりにはなるのかもしれないし。

ツアーの準備の話は、一ヶ月くらい前から口にしていたし、ここ最近はブログでもその話題がなんどか出てくるので、今はほんとに追い込みの時期なんだろう。そうやってたくさんたくさん準備してくださっているツアーを観に行くの楽しみー♪

※ここ最近、気になっていた鼻声ではなくなってきた。どうやら花粉症のピークは過ぎたのか、なによりだお。

中の人とニアミス のこと

アニメの会話していたら、後ろに中の人がいるなんて、そんなシチュエーションがありうるんだ…正直うらやましいwあやひーだったらもちろんあいたいもん

そして、正臣こと宮野さん、絵、うまい。あやひーは、真面目だから真剣になにかに取り組んでいるときって眉間にシワがよってそうだもん。

べつにいいとは思うけど、それでも笑顔と言えるあやひーは素敵です。

2010年3月30日 (火)

はなまる幼稚園 じゅうに のこと(ネタバレ)

最終回はクリスマス会。どたばただと思っていた最終回は、すてきなエピソード。まずは杏が寝てしまって夢の中へ。杏がまたおっきくなってつっちーに会いに行くのだけど、夢だから目的を忘れてはしゃいでしまう。そしてつっちーに出逢うという聖夜らしいロマンティックなファンタジーな話。最初はおっきくなりたての杏の声は子供っぽさが残ってたけど、夢が終わる頃にはちょっと大人っぽい声になっていたのが、杏が少し成長できたのかのようだった。そして、またつっちーへの想いの強さを表してた。

後半は、杏パパが登場。そして、さくら先輩と杏パパ(先生)とのなれそめ。回想シーン、高校時代のつっちーもゲームをやっているしかもゲームボーイアドバンスSPって設定細かい。つっちーの言葉がきっかけで二人は結ばれた。同じ言葉でさくら先輩から杏が励まされる。そしてそして、杏からつっちーが同じ言葉で励まされる。これも情けは人のためならずなのかな。
杏は、雛菊にもつっちーにも応援する。好きだから、相手が幸せならそれでいい。すごく真っ直ぐですごく純粋な杏の想い。素敵な気持ちだ。
杏の後押しで、告白を決意するつっちー、山本先生のもとへ駆け寄ると盛り上がったのに、あの山本先生の鈍さだもんね…でも前回に伏線があったからこういう結末だよね。あったかい気持ちになったはなまるな話でした。

▽今日のあやひー
柊も、杏の夢の中で大きくなっていた。今回は前回大きい柊の時と違って声も大人っぽくなっていた。でも小さい柊よりも高い音だったかな。杏が眠っているのを見て小さく「グッスリスマス」って言っていたけど、これはあやひーのダジャレセンスだよwウケタ

このはなまる幼稚園は、またあやひーの新しい一面が見れた。低い声だけど可愛さが残る。はにかむ時は可愛いく、説明をするときなどは意気揚々と低めで、と。なんか本人が楽しんでる感じが伝わってきた。素敵な作品をありがとうございました。

より以前の記事一覧