はなまる幼稚園

2010年3月30日 (火)

はなまる幼稚園 じゅうに のこと(ネタバレ)

最終回はクリスマス会。どたばただと思っていた最終回は、すてきなエピソード。まずは杏が寝てしまって夢の中へ。杏がまたおっきくなってつっちーに会いに行くのだけど、夢だから目的を忘れてはしゃいでしまう。そしてつっちーに出逢うという聖夜らしいロマンティックなファンタジーな話。最初はおっきくなりたての杏の声は子供っぽさが残ってたけど、夢が終わる頃にはちょっと大人っぽい声になっていたのが、杏が少し成長できたのかのようだった。そして、またつっちーへの想いの強さを表してた。

後半は、杏パパが登場。そして、さくら先輩と杏パパ(先生)とのなれそめ。回想シーン、高校時代のつっちーもゲームをやっているしかもゲームボーイアドバンスSPって設定細かい。つっちーの言葉がきっかけで二人は結ばれた。同じ言葉でさくら先輩から杏が励まされる。そしてそして、杏からつっちーが同じ言葉で励まされる。これも情けは人のためならずなのかな。
杏は、雛菊にもつっちーにも応援する。好きだから、相手が幸せならそれでいい。すごく真っ直ぐですごく純粋な杏の想い。素敵な気持ちだ。
杏の後押しで、告白を決意するつっちー、山本先生のもとへ駆け寄ると盛り上がったのに、あの山本先生の鈍さだもんね…でも前回に伏線があったからこういう結末だよね。あったかい気持ちになったはなまるな話でした。

▽今日のあやひー
柊も、杏の夢の中で大きくなっていた。今回は前回大きい柊の時と違って声も大人っぽくなっていた。でも小さい柊よりも高い音だったかな。杏が眠っているのを見て小さく「グッスリスマス」って言っていたけど、これはあやひーのダジャレセンスだよwウケタ

このはなまる幼稚園は、またあやひーの新しい一面が見れた。低い声だけど可愛さが残る。はにかむ時は可愛いく、説明をするときなどは意気揚々と低めで、と。なんか本人が楽しんでる感じが伝わってきた。素敵な作品をありがとうございました。

2010年3月24日 (水)

はなまる幼稚園 じゅういち のこと(ネタバレ)

今回は、今までとは違う雰囲気のはなまる幼稚園。ノリはいつもどおりだけど、テンポがゆっくりで、土田先生と杏が中心の話。これもはなまるらしいほんわかしているいい感じだった。

きっと次回の最終回は、ドタバタになるのだから、今回もある意味最終回エピソードなのかな。
土田先生は、恋に仕事に壁にぶつかっているよう。でも今回も杏親子に助けられたのかな。でも雨の中、傘をささずに外にでるって中二病だよ。

相変わらず気持ちがまっすぐな杏に、そしてさくら先輩に、助けられて土田先生。つっちーがすぐに子どもたちを仲良くなれるのは、同じ目線でいるからなのかな。

そして山本先生に、改めて気持ちを確かめに。恋も仕事も何かしらの決着をつけたいのだろうけど
、でも、山本先生の考えがはっきりわかったので、なんか吹っ切れたような感じがした。でもそれでも献身的につっちーの相手をする杏がまたかわいいかった。

ラストで杏とお話をしていたあのドジドジ王子は、地下に何を取りに行ったのだろう。そしてこれって来週に続くのかな。

ちなみにさくら先輩が、セリフが多かった。さくら役の本名陽子さんが自然体な演技。つっちーとの電話でのさくら先輩のうれしそうな声が特によかった。

今日のあやひー
今回は、またテンション押さえ気味のいつも通り?の柊だった。やっぱりこの方がひーちゃんらしいや。

2010年3月17日 (水)

はなまる幼稚園 じゅう のこと(ネタバレ)

今回は、感動の物語と相変わらずなヘタレの話。

足が遅い小梅が、練習をして運動会で一等を目指すという話。一生懸命練習して、迎えた本番。小梅の徒競走は、スタート直後から1位に。やっぱりと思ったけど、途中でころんでしまう…小梅の性格からするとここで諦めてしまいそうだけど、もう一度走り出す。
と、ここまでは予想できる展開。そして保護者から拍手が巻き起こるが、ここで小梅は立ちすくんでしまう。周りから注目されるのが苦手な小梅だから。
そこで小梅の大好きなお兄ちゃんが、ゴールに。それを見た小梅が大泣きしながら、お兄ちゃんのところまで一目散で駆けていく姿が、号泣だった。ええ話や―。

そして後半は、つっちーが山本先生に告白する話。
親睦会から二次会で酔った勢いと他の先生に煽られて、告白してしまったといういつもどおりのヘタレっぷり。酔ったなかでも、ほんの少し勇気があっただけましか。そして、謎の告白したの歌へ。なんか10年くらい前のノリだな…w 山本先生はニブイから、すんなりはいかないと思ったけど、そういうかわしかただったか。

今日のあやひー
相変わらず細かいトコロ。後ろの小さい声でしゃべってた。それと、ちょっと柊の演技に抑揚というか感情が乗るようになってきてない??そういう演出なのかな。個人的には、最初のころの淡々としているのも好きなんだけど。
そして、柊の恥ずかしがり屋な部分がでてたけんじくんを応援していたシーン、キュンキュンしちゃいます。

2010年3月 2日 (火)

はなまる幼稚園 はち のこと

前半は、さかなやさんの娘。あおいちゃんの話。
みんなで手伝おうっていうのが、ほのぼのエピソード。今週も気持ちがほっこりしたよ。
お父さんが、お店の手伝いをさせてなかったあおいちゃんのタメに、なんとか手伝いをさせるようにする作戦を練った柊。無表情なのに微妙に表情がある柊は、かわいいね~。こういう場面では、たびたびキラと目が光っていたのに、今回はそういう演出がなかったのが逆によかった。

今回は柊のうんちくスイッチが入りまくってましたっ


後半は、新キャラ雛菊。こんなに小さいのに振袖着こなしているよ。帯までしっかりして。伊瀬茉莉也さんの声もお嬢っぽくて合っている。和服といえばアニメ的ベタな設定、極道さんということだそうです。

それにしてもつっちーに一目惚れして、幼稚園に編入してくるとは、なんたる行動力。つっちーはアニメ主人公らしくヘタレモテキャラ(園児にのみ)だなぁ。
山本先生をすぐに認めてしまう雛菊は、いい子だなと思う。でも山本先生も雛菊もつっちーにはやっぱり勿体無いよ。

西風先生と水主川先生には、もうちょっとセリフを…。中の人おふたりの演技をもっと聞きいてみたいので。


今日のあやひー
前半では、柊セリフたくさんあったー。サンマのうんちくを披露するときは、ちょい大人っぽい声でまくし立てていたし、カツオについて熱く語っているのは、音絞られてしまったけど、なかなかひーちゃんぽかったね。またまた師匠と呼ばれて照れている柊にキュンキュンでした。

はなまる幼稚園らじお組の6日目と7日目(おそらく2本撮りなので同日だろうけど)であやひーの鼻声がひどかったなー。おそらく花粉症のせいだろうけど、トークの声も一瞬誰だかわからなくなりどうだったし、まして柊を演じているときは、柊とは違う声になっていたよ。風邪じゃないことを祈りつつがんばって乗り切ってください!

2010年2月25日 (木)

はなまるなアニソンぷらす のこと

はなまる幼稚園スペシャルだったアニソンぷらす。
あやひー、真堂圭さん、MAKOさんと出演してました。久しぶりにあやひーをテレビで見れるのでわくわくドキドキ。

冒頭で三人並んでいるシーンを見て、みんな顔小さっ!お人形さんみたいやったぁ。

インタビュー中、あやひーの礼儀正しさは相変わらずで、丁寧な受け答えって見ていて気持ちがいいね。でも、彩陽ちゃん。スカート触ったりもとに戻したり落ち着きなかったよww 

今回すごいステキ企画で、原作コミックをアテレコしてくれて、画面は小さかったけどどういう表情で柊を演じているのかがわかり、(これはカラフルコンサートでの劇でもそうだったけど)演技しながらすごく周りに気を使っているなと感心たし、アドリブの入れ加減もなんとなく想像ができた。3人の息も合っていたのもプロだなと。

途中登場していた「ぱんだねこ」ににゃぱ~んと思わず飛びついていたあやひー。きっと浦安にある夢の国でも、キグルミに飛びついている姿が想像できたのでした。

2010年2月23日 (火)

はなまる幼稚園 なな のこと

今週は、夏休み回。つっちーと桜さんの実家に。
そしてなぜか山本先生も一緒という、現実だと先生が園児を連れて旅行をするってなかなかないシチュエーションだけど、それはそれで。

つっちーの実家がだいぶ田舎にあることが判明したけど、前回妹のさつきが、来たときに泊まっていたのも納得。土田兄妹は同じ高校に通っていたことも。つっちーは、昔からヘタレっぷりは変わってないんだなーということも判ったけど。桜さんのことが好きだったことも。どちらかと言えば憧れだったのかな。


今回のひーちゃんは、コスプレだけでな髪型もコロコロ変わったり。行きの髪型とヒラヒラの洋服は柊ぽくなくてかわいいかった。もしかしたら、以前にも描かれてたかもしれないけど、ひーちゃん左利きだったんだね。なんかキャラ的にはそれも似あうかも。

そして後半は、さつき回。ここでさつきメインの話がくるとは思わなかったな。まあ実家に帰ってきているのだから当然か。個人的注目ポイントは、つっちーとさつきの回想シーン。土田少年役木村はるかのセリフが、大人のつっちー役日野聡 独特の喋り方を真似ていて、小さなこだわりだけど面白いなと思った。

今更ながら、はなまる幼稚園のキャストって、水島精二監督だからだろうけど、ダブルオーのメンバー多いな…、高垣彩陽、真堂圭、本名陽子、小笠原亜里沙、恒松あゆみ、斎藤千和と、でも他の作品ではガンダムマイスターたちがよく集合しているからありだよね。

今日のあやひー
ひーちゃんのセリフは、いいところでスパイスが聞いていて絶妙の間だった。今回はいつもにまして、他のセリフとかぶりつつ後ろでしゃべっているの多かったな。夏祭り神社にお参りしたときのセリフ、抑えつつ高い音というのが印象的でした。

2010年2月16日 (火)

はなまる幼稚園 ろく のこと

深夜アニメでは、お約束な水着回。
っていっても園児たちだよっ。あのぽてぽてした体にスク水?が、可愛いらしい。と、思っていたらちゃんとありましたよ視聴者サービス、山本先生のビキニ姿!でも…いくら間違えて持ってきたといっても、Tシャツでもきららいいんでないの。ありゃつっちーじゃなくても、見とれちゃうお。

でも、つっちーは見過ぎだよ。先生として、いや人として、もうちょっとちゃんとしようよ~。ヘタレすぎだよ。今回の少し引いたよ

そして、われらがひーちゃんの今回のコスプレは「かっぱ」!「水かき」のセリフとちっちゃくついているクチバシにキュンでした。

相変わらず、杏のつっちーに対する猛烈アタックでドタバタな展開だったけど、実はそれを焚きつけているのは、ひーちゃんだったりして、真のトラブルメーカーは柊なのか!?と、もしかしたら、杏とつっちーとのやり取りを意外と楽しんでいたりして。なんという策略家 柊。

後半は、つっちーの妹の話。高校生の妹がいるなんて、料理上手で兄思いのいい妹さんぢゃないか。相変わらずヘタレな部分と、実は先生をしている部分と見えてよかったんじゃん。なにより大っきらいといいつつ、部屋の掃除までしてくれる妹。そしてエンディグでネタバレ的な。今週も良い構成だった


▽今週のあやひー
いちおしシーンは、ひーちゃんがプールで水鉄砲を持って、男の子を追いかける場面。熱いセリフはいてますw

2010年2月 9日 (火)

はなまる幼稚園 よん のこと

第四話は、つっちーこと土田先生の休日の話。

探偵と聞いてひーちゃんがコナンくんみたいになったのは、さすがちびっこというか、最近はそのあたりを連想するんだよね。

でもつっちーの休日の過ごし方のひどいこと、徹ゲーはまだいいとして、ファミレスでウエイトレスのお尻に見とれたり、果ては昼間のコンビニでエロ本の立ち読みって…いくらなんでも、それ山本先生に見られたどうすんのって!

そして、ガイナックスとスクエニの力をいかんなく発揮しているパロディネタ、エヴァは伏字で表現か?と思ったらしっかり出てるし、初回からドラクエとは何回か発言してたけど、イシュバールって、ついにハガレンですかっ。はなまるだからできるネタ、次はドリルとか出てくるんじゃないだろうか…

と、後半は小梅の初恋の話だったねー。小梅は一生懸命話をしている感じがして、そこにかわいさがあるなぁ。杏が相変わらず、いろいろとかき回す役だけど、意外とひーちゃんが、マトを得ているようでボケなのか、という気がした。

最後に男の子に、お礼をするときに土田先生のそばによってから「ありがとう」というシーン。なんだかんだでつっちーのこと好きなんだな、前半の最後の方でも、杏だけでなく、ひーちゃんも小梅もすこし頬を染めていたのに心が温まった。

※WEBラジオで、毎回変わるエンディングについて感想をいうコーナー。この間、あやひーがいないのにひーちゃん(あやひー)のエンディングにかたって欲しくなかった…だって、自分の演じている役だし歌っているんだから、あやひーの感想を聞きたかったよ~