デュラララ

2010年5月 3日 (月)

デュラララ#16 相思相愛 のこと(ネタバレ)

贄川春菜が現れ、罪歌の正体がついに明らかになった。この回は、全体の中でもかなり重要な回に。これを見た後に、もう一度1話から見直したくなったもの。

贄川春菜役の中原麻衣さん。こういう狂気的な役はさすがだなー。あのちょっと高い声がまた狂気な雰囲気を醸し出している。素晴らしい。

贄川春菜が、罪歌だろうと思っていたけど、実はちがった。ただ罪歌が襲った者が新たな罪歌になるようで、母と言っていたのはもと罪歌のことだったのか。罪歌同士での意志の疎通ができるよう。

そして春菜が罪歌のオリジナルではなく「子」だった。真の罪歌は、杏里。答えを知ってしまえばそうかと納得できる。罪歌に狙われた理由も、贄川周二に狙われた理由も。もう一度見直せば、杏里が罪歌だというヒントが散りばめられているのだろう。

回想シーンから推測するに、5年前の事件は強姦に襲われたのではなく、杏里は犯人を見ていないのではなく、両親を殺したのは、杏里の母。そして罪歌。

母がどこかで手に入れた罪歌に乗っ取られ、父を杏里を殺そうとした。父は殺され、杏里を殺す前に、母が自ら命を絶ったのではないだろうか。そこに残された杏里は、罪歌を取り込む。そして寄生して生きることにしたのだろう。

彼女は、人を愛せなくなった自分の代わりに、人間を愛してくれる罪歌に依存していると言った。ただあれだけ狂気的に人を愛する罪歌を押さえ込んでしまう杏里の心の傷の深さはかなりのものなんだろうな…逆に罪歌のおかげで、帝人や正臣とも仲良くできたのではないだろうか。もし杏里の中に罪歌がなければ、きっと誰とも愛するどころか、なにもかも拒絶しつづけたのだろう。

だから杏里の中での折り合いという意味で、寄生という形をとったのではないだろうか。
なんか、歪んだ愛の物語というより、すごく悲しい。杏里には、笑顔になってもらいたいな。

残る謎は、贄川春菜がいつどこで罪歌になったのかとうこと。罪歌が覚醒するのに時間がかかったと言っていた、血を少しずつあげて育てたと。ということは5年以上前に誰かに切られたのかも。うーん、ここも明らかになってくれるといいけど。

なんにしてもターニングポイント回だな今回は。ていうかいろいろなことが詰まっていて、処理しきれないよ…

▽今日のあやひー
冒頭で出てきただけだけど、狩沢らしい腐女子なセリフwこの想像力、妄想力は、ボーイズでラブっていることが好きな人でないと出てこないセリフだよ。ちなみにここでセルティでさえもツッコミをしているのもポイント

2010年4月24日 (土)

デュラララ#15 愚者一得 のこと(ネタバレ)

半年前に平和島幽平の取材をして静雄に飛ばされた贄川周二。前回話しにでてきた贄川先輩の父。贄川周二の取材を通して、静雄のすごさを改めて確認できた。ちょっと復習できたかな。

それにしても贄川周二の中の人 小山力也さん。やっぱりいい声してる。すごい演技力だよな、この人やっぱりすごいよ。臨也と話しをしている時の咳き込むシーンとかセルティの会話シーン、普通の会話だからこそ魂が吹き込まれているすごさ。

そして、切り裂き魔の正体が徐々にわかってきたような。誰かに背中を刺された贄川周二が切り裂き魔になってしまったけど、刺された人が切り裂き魔になるってことなのかな?

ということは妖刀罪歌は、刺した人を切り裂き魔にさせるものかもしれない。贄川周二が持っていたあの短剣が妖刀なのか。まだまだ不確定だな…。

もうひとつの謎。杏里が切り裂き魔に狙われる理由。セクハラ教師こと那須島に気に入られる理由。
両親が切り裂き魔に襲われたという関連。
那須島に気に入られ転向してしまった贄川先輩という関連。

贄川周二が赤い目になったときも杏里を狙っていた。那須島も巨乳だからだけで杏里に近寄ったのとは違う気がする。杏里になにがあるんだろう…。

周二を刺した切り裂き魔は、娘の贄川春菜のようだし。罪歌は母という言葉を出していたので、贄川母が元凶なのか!?

ほんと謎だらけ、まずは杏里やセルティ、静雄たちの前に現れた不死身とも思える切り裂き魔化した周二にどう立ち向かうのだろう…

▽今日のあやひー
ワゴン組大活躍だった今回。相変わらずのオタク発言だったw 狩沢の口がかわいいかった。周二をワゴンでひいたあとの「死んだ?」発言、意外と冷静?というか淡白なのかな。

Aパート最初の方で髪を引っ張り合ってケンカをしている女子、臨也の部屋で流れていたTVの中のお姉さんは、あやひーだと思うけどどうだろう??

2010年4月21日 (水)

デュラララ#14 物情騒然 のこと(ネタバレ)

どうやらやはり、杏里が話の中心になっていくようだ。セルティと杏里が少なからず因縁があるようだ。それにしてもセルティは、2クール目になってからどんどんキャラが変わってきているっていうかかわいくなっている。ある意味ドジっ娘だしww

そして新羅のお父さん森厳。いいキャラだ。いじりやすいし、作者が気に入っている感じが伝わってくる。どうやら森厳はネブラの人間っぽいし、このいいキャラがいつまで見れるか分からないけど。

とにかく森厳と霧島波江と臨也との関係が気になる。

セルティの首を盗むために、罪歌を使って首と体の魂を切り離した。なぜ森厳は首と体を離したのか、なぜそれを波江の父に預けたのか、首が目覚めると何が起こるのか。
三人とも首に何かを託しているのだけど、それぞれの目的は違ってきている気がする。その中心にいるのがセルティだし、そして杏里なのか??ここがまだよく分からないけど。

ラストで、杏里が切り裂き魔に、また襲われそうになる。妖刀罪歌がひとりの少女を愛そうとしていると言っていたけど、一瞬回想シーンで映った赤い目の女性のこと?杏里の母親なのだろか。
もしそうだとしたらその辺の理由も描いてくれるのかな…結局なぞの深まる今話。

黄巾賊と正臣のことも、まだこれから何かありそうだし。

贄川先輩のことも、臨也が尋ねた病院にいた三ヶ島沙樹もどういう人物なのか。
もう、謎が深まるばかりだよ(汗)

2010年4月12日 (月)

デュラララ#13 急転直下 のこと(ネタバレ)

1週空いて、オープニングが新しくなっていた、そして見たことのないキャラが3、4人くらい登場していたかな。本編にも新羅の父親と白バイの葛原金之助。まだ本編に登場していない三ケ島沙樹、平和島幽。

そして本編。前回より半年の時間が経過している池袋で、前半では、メインのようなサブのような存在だった紀田正臣と園原杏里が話の中心に入ってきそうな展開だった。ナレーションでなにも起きない、なにも変わらないという言葉がラストで起きる急転直下な展開への布石。きっと起承転結の「転」にあたる部分なのだろうから、ここから数話のひっくり返し的な部分を目をみはってみていかないと、ついていけないのかも。

今回は、新キャラ2人の登場と正臣と杏里のこれからの展開を予感させるものを引き出すだけだったので比較的ゆっくりコトが進んでいたので、ゆっくり見れたけど。

白バイの葛原なんかは、池袋以外からやってきたのだしぽっと出のキャラのように見えるけど、この作品でなんとなく出てくる人間なんていないので、なんらかの形で別キャラとの関連があるのだろうけど、どうなんだろう。注目。

そして新羅の父。森厳(しんげん)。マッドサイエンティスト的だけど、いいキャラしているなぁ。でもセルティは、昔に森厳に切られたりしてたのに、ちょっかいとかいうのはさすが、というよりセルティの性格が後半になって人間らしくというかだいぶおちゃめになってきているのが、かわいい。これもギャップ萌えなのか!?

▽今日のあやひー
相変わらずオタク的発言の多い絵理華。ゆまっちとの会話は自然すぎるくらいのいい演技だった。メイトでポスターもらえるくらいポイント貯めている二人。そして乃木坂春香ネタ。ワゴン組が登場するシーンででていたアニメイトの看板がソラノヲトになっていたのもアニプレックス的小ネタだったね。

2010年3月29日 (月)

デュラララ#12 有無相生 のこと(ネタバレ)

前半の区切りの話になるのかな。

首の傷の女はセルティではなく張間美香さん。生きていたのか。ここはファンタジーではなかったな。首を付け替えるようなことはできないものなんだろう。じゃああの首はどんな意味を持ってくるのだろうか。セルティは、「死を司る物」と言っていたけど、ま、そうなんだろうけど、では、臨也があの首にこだわっている理由は、なにかあるのだろう。

張間美香さんは、ピッキングをして家に勝手に入るくらいなストーカーだったけど、帝人が言っていた通り、別人になりすましてでも彼と一緒にいたいという気持ちはストーカーではないと。
矢切誠二もとりあえず、彼女の愛を受け入れる。矢切波江は、弟のために首の女と作り上げる。セルティと離れたくないがために首の存在を隠し通す新羅。自分のコトを誰よりも愛してくれる彼がいることで自分の存在を確かめるセルティ。
それぞれの人物が、それぞれの愛の形。それはゆがんでいるのかもしれないけど、みんな想いは一途。ただ一途過ぎるゆえにゆがんでしまうのかもしれない。

そして、帝人がチャットをしていた相手がわかった。臨也とセルティ。あれ、他にあともう一人くらいいなかったけ?

今回でダラーズの全容が明らかになってきたことで、次回からダラーズを中心とした話になっていくのかな。帝人は、特に組織として意識はしていなかったようだけど、臨也はダラーズに対して組織としての意識が強いような発言をしていたので、彼は何か企みがあるんだろう。
次回タイトルからして、新展開があるんだろうな。

▽今日のあやひー
今週の出番も数カットだったけど、だんだん狩沢さんがあやひーに見えてきたのは僕だけだろうかw。最後に、前回登場したアイザックとミリアがよく言うセリフを狩沢と遊馬崎が言ってくれていたのはクスリとした。

2010年3月23日 (火)

デュラララ#11 疾風怒濤 のこと(ネタバレ)

ついについに核心に迫った回。ダラーズの謎がついに明らからになった。帝人が、ダラーズの創始者。初回から確かに彼の人の見る目があったし、カンの良さもあった。あのチャット画面も帝人だろうなっていうのもあった。巻きこまれキャラ風な彼が作ったもの。でも彼はきっと絆が欲しかった、仲間が欲しかった。のだろう。だからダラーズを作った。

あの帝人が、携帯を高らかに掲げ送信ボタンを押したときに、それまで色がなかった人々にカラーがついていくシーンがまさにつながり、他人が他人でなくなる瞬間。この時、帝人の世界は明らかに変わった。

そもそも、ダラーズを作った時、いや帝人がネットの世界に出たときにはもう変わっていたかも。

ひとりのすこしのきっかけでもとても強い意志で、この池袋という街が変わってきている。

そして、セルティ。首なしライダーが姿をさらす。この物語もクライマックス、かに見えたがどうやら2クール目に続くようです。この先、なにがどう展開するのか。ほんとに。でもまだまだ散らかしっぱなしのエピソードもあるしね。

ダラーズの中に、あのアイザックとミリアが!バッカーノと同じ世界というのがここで判った。彼らは、あれだから現代にいても不思議はないんだよね。いろいろとひとつの答えが出たいいエピソード回だった。

今日のあやひー
今回はたくさん出ていたね。狩沢の着信音が地獄少女って…細かいところまでこだわっているな。相変わらずナチュラルな演技だったけど、ガラスに張り付いている時にはちょっと鼻声になっていたりとここも細かい演技だなぁ。
ちなみにダラーズについての回想シーンの中で、ばくだん焼を食べてるメガネのヲタ女子ぽい子の
声はあやひーのような気がします。

2010年3月14日 (日)

デュラララ#10 空前絶後 のこと(ネタバレ)

今回は久しぶりの主人公 竜ヶ峰帝人の話。

というか、やっと主人公らしい話だった。やっとここに来て話の中心部分にくいこんできた。帝人とセルティと折原臨也が出会って。パーツが揃ってきたと確信するラストシーン。いやいや痛快だった。帝人の性格変わってなかったのか??

セルティが話の中心にいるので、首にかんすることは解決して欲しいな。それと今回、ちょっとしか出てこなかったワゴン組。これは次回の伏線になるんだろ。よく覚えておこっと。

ところで、帝人くん。園原さんが、入学時から名前を覚えていたからってストーカー扱いするのってどうなの。千載一遇のチャンスだったのかもしれないのに、このヘタレが。

ちょっと園原さんキャラがここにきてまだいまいちさだまっていない気もするけど。そして、紀田正臣役 宮野真守さんは、実力をいかんなく発揮していたな。この役楽しそうにやってるなー

全12話だろうから、あと2回。中途半端な謎だけは残さないようにして欲しい。

今日のあやひー
まともなセリフは、一言だった…。ちょっといつもより声高くなかったか。あと前半パートラストに出てきたメガネの女性教師は、あやひーのようだったけどどうかな?

2010年3月 8日 (月)

デュラララ#9 依依恋恋 のこと(ネタバレ)

珍しく時間軸として前回からの続きの話。
衝撃の首に傷がある女の子が、セルティと呼ばれていたことだけど、おとなしい子だと思っていたら、矢霧誠二の携帯を池に落とす事態。

今回は矢霧兄妹の過去や、セルティの首の話が明らかになるのだけど。矢霧姉は、予想以上のブラコン。でもなんでそんなに弟を溺愛しているのだろうか、弟の誠二がセルティに固執するのは分かるけど、小さい時から一緒にいたからその責任感のようなものなのか。
と、なると誠二が「首」に惚れてしまって、姉から離れていった…でも誠二が事件(人を殺した)を起こした時にすぐに姉に頼ってきたことが、さらなる溺愛につながったのかもしれない。

この誠二が殺人を起こしたのは、つい最近のことだよね。そしてその相手は、園原杏里の友達のミカさん。このミカさんにセルティの首をくっつけた。

ん。ここでまた新たな問題が…セルティ自身には記憶と人格があるけど、首のほうのセルティの人格は?誰?もしかしてミカさんなのか。そもそもセルティの過去の記憶だと、すでに首を脇に抱えていたからそもそも人格も記憶も首にはなかったのかもしれない。いやきっと記憶はあるな、だって誰かにメールで連絡取っていたし。ということは、殺されたのはミカさんではないのか、首がセルティじゃないのか。新羅が「できたてホヤホヤの死体があったとか」と言ったのが引っかかる、わかり易すぎるもの。

とにかく矢霧誠二と矢霧波江と首の女とのゆがんだ愛の形はどうなることやら。

セルティが新羅と会話シーンで、今までにないくらいあせる声をだすところに驚いた。こういう声出すんだと。それと臨也の壊れぷりは、最高だね「ひとLOVE!」

今週のあやひー
やっぱりでていなかった…来週は声が聞けますようにw

2010年3月 1日 (月)

デュラララ!!#08 南柯之夢 のこと

池袋を舞台に描かている「デュラララ」。背景や街の描写は、有名な場所もいくつも出てきてリアルだなっと感じていたが、池袋に詳しい方の話を聞くと、劇中のキャラがどこをどう移動したのか分かるくらい位置関係も正確に描いているみたい。すごいこだわり。

そして第8話。衝撃のことが盛りだくさんの内容だった。セルティを中心とした内容だったけど、前々回に出てきた矢霧製薬。あそこにセルティの首があるんだよね??というか今後の展開としては、矢霧製薬中心で話進むよね。

矢霧製薬に、治療に訪れた新羅。だけど、彼は矢霧製薬にセルティの首があるって知っているようなニュアンスがあったけど、どうなの。もし本当だとしたらセルティと一緒に住んでいる理由って。でも彼の行動だけ見ていると、彼自身も恋慕のようなものをいだいている様に見えるけど。

今回最大の衝撃。矢霧誠二と一緒にいた女の子は「セルティ」って呼ばれていた。首にひどい傷があったけど、あれはセルティの首をくっつけたってこと。じゃあ、ガラス管に保存されていた首は、女の子のものなのか。話の流れとしては、今回登場していた矢霧製薬に花火を投げ込んでフルボッコにされていた男は、首に傷のある女の子の知り合いな気がするけど。

とにかく、また、新たな伏線が増えた…ってことだ。園原さんの靴を隠した奴だってそうだし、狩沢さんとゆうまっちのこともきっと意味があるような気がする。

今日のあやひー
まず狩沢絵理華ってあんな眠そうな顔してたっけ。と、サイモンの掛け合い面白かった、クロストークしてるのにちゃんと聞いてるし。blogとの写真ともつながっていて、ニクいことするなぁ。

2010年2月20日 (土)

デュラララ 国士無双 のこと

平和島静雄のエピソード回。

彼の過去と、他の人々との関係がわかる回だった。それにしても、この作品は時間軸が前後するので、もう一度最初から見たくなる…なんてずるい作りなんだ。

臨也や新羅との出会いや、セルティがいつごろから新羅と同棲しているのかなど、ここで語っているのって、きっと意味があるんだよね。

あとAパートの中、映画館の前のシーン。センコロールとDARKERTHENBLACKの看板が見えたけど…さすがANIPLEX。センコロールは劇場作品だったけど、DARKERTHENBLACKは??何かの伏線?終わり方が中途半端だったから、映画でもいいから続きやって欲しいな。

今日のあやひー
出てなかったorz...予告によると来週は出てきそうw

より以前の記事一覧