ささめきこと

2010年2月26日 (金)

ささめきらじお のこと

ささめきことのことをもっともっとよくしるためのラジオ ささめきらじお。
ついに最終回を迎えてしまいました。

最終回らしく、原作のいけだたかし先生をお迎えしてのスペシャルな回でした。いけだ先生のいろいろ貴重なお話もあり、いつものコーナーもあり、でもパーソナリティの高垣彩陽さん、高本めぐみさんが努めて明るく振舞っているようなテンションだったように感じた。

僕はこのラジオを本当に毎週楽しみに聞いていて「ささめきこと」という作品は、大好きな声優さん あやひーとたかもっちが出ているのもあり毎週欠かさず、楽しく聞いていたのだが、このラジオがあったからこそ、お二人のことももっと好きになれたし、ささめきことにも思い入れが強くなった。

あやひーとたかもっちのコンビはラジオでは初めてで、レギュラーで仕事をするのも初めてだったようですが、番組内での二人は仲睦まじく、何年もずっと一緒にいる親友同士のような、でもお互いのことを尊敬しあえている関係のように聞こえ、聞いているこちらまで気持ちが暖まる番組。仲がいいので盛り上がっちゃうこともままあったりしたけど、ハメを外しすぎないいいさじ加減も好きでした。

でもでも、そんなささめきらじおも2/25配信を以て最終回。あやひーは泣くかなと思ったけど、うるうるはきていたようだけど、涙は我慢出来ていたようですね。何度も「好きー」と叫んでいたけどたくさんの想いが詰まった「好き」に僕が泣けました。

最後の最後の「好き」で番組は終了。そのあとはただの無音。
ああこれでひと区切りなんだと実感。おふたりが最後まで元気な声を送ってくれてたのにも関わらず、こころにスキマが空いてしまった気分、改めて僕の中でのこのラジオの存在の大きさを感じ。まだ無音を聞いいていたことに気づく。

改めて、高垣彩陽さん、高本めぐみさん。そしてささめきらじお、ささめきことを素晴らしい作品にしてくださった方々、本当に本当にありがとうございました。僕はこの作品出会えて幸せです。だからささめきがこれでおしまいなんて思いません。

また純夏が風間がしゃべりだす日を信じて。またいつか。
ささめきこと、大好きです。